ファンデーション

ファンデーションについて、やはり一番多い質問は色選びと塗り方についてです。 これは定番中の定番と言えるお悩み・質問でしょう。 メイクアップラボ 第2回ということなので、今回はお化粧の基本、ファンデーションについて取り上げます。

ファンデーションの色選び

自分の肌色より白っぽいまたは、ピンクっぽい色を選んで 「しまった」と思ったことはありませんか?

それは、自分の理想の肌色を選んでしまう傾向があったり、店内のライトの下でのみ選んだり、限られた狭い部分や手の甲などで色合わせをしてしまうのが、主な原因と言えます。

色選びのポイントとしては、肌の色を「白っぽく」ではなく「明るく」してあげるように意識します。 雑誌やメイクスクールなどでも首に近い色を選ぶようよく言われていますが、首の部分には影があり、色がくすんでいる場合も少なくありません。 なので、頬の明るい部分で色を見るようにする方が良いでしょう。 頬の部分は、面積も広くそして、顔の正面ですね。 そうすることで「しまった」もぐっと減らすことができるでしょう。

塗り方

どの種類のファンデーションでもそうですが、まずは額から塗っていくことで失敗が減ります。

それは、顔の正面はファンデーションが多少厚くついてもさほど気にはならないからです。 その反面、顔と首の境の部分が厚いと、どうしても厚化粧に見えてしまいます。 顔の中心部から外側にファンデーションをつけていきます。 そして、顔全体に均一に塗らないように、外側へはぽかす程度に薄くのばしていきましょう。 そうすると、自然に立体感も出てきます。

また、他人をメイクしてあげる場合にも、ファンデーションの色味が「少し白いかな?」と思っても、後でハイライトとして修正も効きます。 色を調節しながら、全体を仕上げていくようにします。

手間でなければ、ファンデーションを2色以上使ったりあるいは、シャドウを使用して顔の側面にぼかしてやると、より自然で立体的な仕上がりを得ることができます。 また、普段のイメージとちょっと違うメイクをしたいと思った時などには、ファンデーション自体の色味を単純に変えるのもひとつですが、シャドウを使ったり、首までファンデーションやパウダーをぼかしてやる方法がお勧めです。

ファンデーションをきれいにつけるポイントは ?

≫ たたくようにのばす

化粧品は全て金属粒子の集まりから成り立っています。 たたくようにのばすことで、肌のキメに入り込ませ、肌をなめらかに見せます。 粒子が平均的に並び、ムラも無く奇麗に見えるからです。 それは、化粧崩れ防止にもある程度効果があるので一石二鳥ですね。

ファンデーションをひきずるようにのばしてしまうと、粒子が固まった状態でずれていくので、そこだけ厚くなり、ムラの原因となります。 スポンジを利用する場合も、手でつける場合も同じです。 パウダータイプや水ときのファンデーションは、また違った方法になります。

今回は、ファンデーションの「色選びと塗り方」でした。 肌の色とファンデーションの関係については、とても深く、興味深い関係なので、今後もまた取り上げてみたいと思います。

関連項目 ラボ #4 『肌色について』