ラメとパールで目元キラキラメイク

近年流行っている、パールやラメを使ったキラキラメイク。 ゴールド系のひかりものが大流行りの傾向です。 夏の日差しに映えて、ちょっとしたお洒落を演出してくれます。 しかし、入れ方を間違えると汗と混じり合って、とんでもなく下品なメイクになってしまう場合もあったりします。

最悪の状態とならないための考え方のポイントとして、パールの強いものはハイライトとして考えれば間違いありません。 つまり、自分の顔の高く見せたい部分や、明るくしたい所にだけに入れるようにします。 下の画像でいうと---の部分となります。

広い範囲で付けるのに不安な人や、軽めに変化をつけたいという人は、眉弓骨(眉の下・・・の部分)や口紅の上にのせると、たとえいつも使っている色でも、また違った雰囲気を得ることができます。 間違っても、目の下のクマの出ている所はつけないようにしましょう。 余計にクマが目立ってしまうので、注意が必要です。

ラメのメイク

使い方のアイデア

パールをのせたい部分例えば、アイホールは下に濃い色のスプラカラー(ライニングカラー/クリームタイプのアイカラー)などでベースを作っておいて、上からパールやラメをのせると、より一層効果的です。 そして、写真に白っぽく写ることもありません。 パーティーや結婚式などのお呼ばれには、こんな方法がお勧めでしょう。

ワンポイントとして

パールやラメは、ファンデーションを塗った上からつければ、しっかりと付きます。 しかし、そこまでなかなかできないので、乳液やベースクリームを塗りそれからのせてやるようにします。 付け方は、全体に付けても良いのですが、鎖骨の部分にだけつけてみたりと立体感を演出する付け方も、ユニークで良いでしょう。

最近では、色々な製品を店頭で選ぶことができます。 しかし、入れ方、使い方を間違えると『品のないメイク』に仕上がってしまうことさえあるので、幾つかのポイントの確認を怠らないようにしましょう。