タトゥーシールで肌トラブル

先日、新聞で気になる記事を見つけました。「タトゥーシールで肌トラブル、消費者庁など注意を呼びかけ」というものです。

『顔や身体に絵や文字を転写するタトゥーシールや、フェイスペイント。  ハロウィーンをはじめとするイベントや、スポーツ観戦時に手軽に楽しめるタトゥーシール。  一方、肌が痒くなったり傷ができてシミが残ったりするなど、子どもや若者を中心に肌トラブルが起きている。』という内容ですが、痒みが出たり赤くなったりする皮膚障害、今までのところ最も¥重大な2件は治療に1カ月以上も費やしたのだそうです。

頰に100均で入手したハロウィーン向けの絵柄タトゥーシールを貼った幼稚園児が約3時間後にシールを剥がそうしましたが、ベビーローションや化粧落とし用のクレンジングローションなどを使っても剥がす事が出来なかった。 その翌日、綿棒で擦り取るようにして剥がしたとのことですが瘡蓋になり、シミのような痕が残ったと言う。

近年、日本でのハロウィン等イベントの過熱ぶりは驚くものがありますが、格安で、またどこでも関連グッズやメイク用品の入手が容易となり、誰でも手軽に使用できるようになりました。

メイクをする立場で被メイク者への説明として、シールや傷などの皮膚を覆う物は「皮膚呼吸ができない状態になる可能性があるので、剥がした後一気に空気に触れ赤く痒みが出る事があります。 その場合、その部分を掻かないで冷やして下さい。」とまず最初にお伝えします。  そしてもう一つ、「一気に剥がそうとしないで、端から徐々にリムーバーを染み込ませて優しく剥がして下さい。」と付け加えます。それでも、リムーバーも使わず一気に剥がして「肌が荒れた」とか嘆き掻きむしる人も居ます。ある意味自業自得でしょうか。

また、ペイントの際も肌への浸透を抑制する役目のバリアコート剤や、いわゆるベースクリーム等を肌に施してから施す等工夫が必要です。

国産であってもクレンジング料を使用しても、赤や青の顔料が肌に残る事も少なくなく、無理に擦らずぬるま湯でクレンジングする方法もお伝えします。

来年はオリンピックイヤーとなりフェイスペイントをする機会も多くなりそうです。 また、ゴムアレルギーの人も少なからず居ます。  シールやペイントにしても使用を焦らず必ずパッチテスト、そして使用方法に注意を払いましょう。

また、ハロウィーンでは血のり等のお使用も増える傾向にあるでしょう。 これもペイント同様に注意が必要です! 服に付いても頑固で落ちない物等もあり当然他人に着いては困ることになります。 長時間の使用で肌にもうっすらと色が残るような事例も良く耳にします。 また、建物や道路に付着してペンキ同様なかなか洗い流せない物も出回っていたりします。 他人への迷惑も考慮する必要がありますね。  イベント時の天候が雨ではせっかくの計画も残念な訳ですが、洗い流せる血のりを使用する方が安全面からも良いのではないでしょうか。

安価な製品はそれなりの内容となるのは否めない訳で、それを全否定する訳ではありませんが、揃える前に一旦考える時間を設ける必要があるのではと感じます。