肌との会話1

「いつまでもきれいな肌でいたい」といのは、いつの時代でも全ての女性の共通な願望ですね。

いくら高価な高級化粧品を買い揃えてみてもまた、メイクが上手でも、やはり肌の状態が良くないとキレイな仕上がりにはなりません。 とは分っていても、ついつい化粧品に頼りがちというパターンが多い或は、多かった筈です。

本屋さんへ入ってみると、リンパマッサージや骨格うんぬんといった『肌を若返らすため』に行うマッサージの本が、棚一杯に所狭しと並んでいます。 そうです、願望が多いということの証拠です。 まずは、『血行を良くして、肌がキレイになるようにマッサージしましょう』 「そうそう、そうよね〜。まずは肌から。」

マッサージ

そういえば、昭和の高度成長期の頃、私の母が毎晩のように高価なマッサージクリームを使いマッサージをしていたのを今でも思い出します。

その後、肌が薄く敏感肌のようになってまい、「恐らく、あの頃のマッサージのし過ぎが原因ではないか」と本人も呟いていた記憶もあります。

しかし近年では、マッサージ自体も大きく変わってきて、科学的な裏付けによって検証されている場合が少なくありません。 また、精神面からもリラックスでき、そのこと自体、肌にとても良いことだと思います。 鏡を見てキレイになろうと思う気持ちと、肌に触れることによる肌の緊張感が効果を高めているようです。

私自身もマッサージは良くします。  現場でも、メイクをさせて頂く前に、時間の許す限りマッサージを取り入れたスキンケアを行うようにしています。

ですが、今回このようなテーマを取り上げてみたのは、時にはちょっと立ち止まり、自分の肌と向き合って欲しかったのです。 そのことが、とても重要に思えます。

先日、一見艶もあり、キレイな方のメイクをして差し上げる機会がありました。 しかし、何だか問題があるような感じがします。

ファンデーションがのらない、のってもすぐにテカってくる状態。  実は、ファンデーション前のベースクリームものらない。 つまり、表皮がなく、肌のひっかかりがなくなっている状態だったのです。

その時は、時間的にも余裕が無かったため、撮影用に使用するベースクリームを使い何とか仕上げました。 撮影も無事終了し、時間もあったので話を伺ってみると、マッサージや肌のケアは毎日欠かさずご自分できちんとしているとのことでした。 つまり、やり過ぎ?やり方が間違っている状態なのでは? マッサージも、やり方がちゃんとしていて、肌にも合っていれば当然効果的なんでしょうが、一歩間違うと私の母のようになってしまうのでは?

女性は、ホルモンのバランスや、その周期によっても肌の状態が常に変わっています。 当然、生活環境等の外因的な要素によっても大きく左右されます。 そして、肌の状態、マッサージの肌への効果は、マッサージをする際の気持ちの余裕や、その時間によっても影響されるでしょう。

化粧品選び全般的にそうですが、マッサージも自分の肌に「これでいい? 今日は刺激を与えない方がいいかしら? キレイになった? 気持ちいい? 」という問いかけをしながら行ってあげたいものです。

そして、この先ブームはどの方向へ進むのでしょう? 同じ条件で、同じ肌の人は決していない訳ですから、女性の数だけ美の追求方法があって良い訳です。 また、自分の肌に合った化粧品や美容法を時代や肌の変化と共に探し続けていくことになるのでしょう。

ブームや媒体に左右されてばかりでなく、肌との会話を大切にし、義務にはならず、リラックスした状態で楽しむようにすることで、効果も更に一層高まることでしょう。