2010 IMATS -Los Angels レポート

今回は、数年ぶりに訪れたIMATS(International Makeup Trade Show)6/26-27、ロスアンジェルス・パサデナで行われたの模様をお伝へします。

imats最近、トレードショウ自体の知名度も上がったようで、アメリカ、カナダ、イギリス、オランダそして、オーストラリアと各地で開催される大きなイベントへと成長しました。 ロスアンジェルスだけでも、昨年に比べ6,000人も多い来場者だったとのことで、会場内も人でごった返していました。

以前は、特殊メイクやステージメイクがその主流で、より専門的な内容が多く各社のデモも全般的にSFXでしたが近年では、ビューティー(美容)関連の出店やセミナーも多くなり、それを専攻している学生やサロンからの来場者が多くなったこともあり、各地で入場者数の記録もその都度塗り替えられているようです。

雰囲気としては、日本でも東京ビックサイトで行なわれているビューティーワールドというと分かり易いでしょうか。 それに、特殊メイクやステージメイクと言ったメイク全般の専門的な情報がプラスされたという感じです。

セミナー会場と商材出店会場と分かれて、話題の映画や雑誌等で取り上げられているメイクアップアーティストの様々な講義を受けることができます。

今年ロスアンジェルスでは、3D作品としても話題を呼んだ「Alice in Wonderland」のメイク担当部署のパネルディスカッションも企画されていました。 しかし、最近の傾向として特殊メイクのクラスよりもビューティークラスの方が圧倒的な人気のようで、受講希望者が会場から溢れる程です。

出店会場はと言うと、一般向け化粧品として展開しているM.A.CやBobbi Brown等を始めとしてプロ用化粧品の老舗メーカー、特殊メイクの材料やツール類を並べるブースが数多くあり、観ているだけでも結構楽しかったりします。殆どのメーカーが目玉商品を用意しているようで、人気の高いブースでは長蛇の列。1日中並ぶだけで終わってしまうのではないかと思う程です。 出店会場は、入場者数の割に狭く感じ、特に初日の混雑ぶりは相当なものでした。

そんな中、会場で目を引くのは、やはり何と言っても各社のデモです。 特殊メイクやボディーペイントといったアーティスティックなスキルの高い作品、その作成手順を手が届くような距離でそれも、あちらこちらで観ることができます。

今回、特殊メイク関連では材料自体にはさほど変化がないようで、ボールドキャップやプロスエイド、シリコンコンパウンド等の従来の代表的な製品が多く使われていたようですが、ペイントとなるとエアブラシがその主流になっていました。

エアブラシは、頭部や身体全体という特に広範囲のペイント、大きな作品で着色の均一感やグラデーションの仕上がりをとてもきれい出すことができ、目を魅かれます。

また、特殊メイクに用いる場合でも、造形との境、エッジ部分等、筆でのペイントに比べ比較的楽に馴染ませることができるので、注目されるのも分かるような気がします。 勿論、各メーカーとも技術者のスキルはとても高い訳で、エアブラシだけでなく筆の使い方、ぼかしやそのデザインにも感心させられます。