Theatrical CosmeShop

for all your make-up needs...

ウィッグのセルフクリーニング

普段のお手入れ

着用後は、専用の静電気防止スプレーを使い毛の流れに沿ってブラッシングし、ほこりを落とします。 できれば、裏地レース部分を表にして風通しの良い場所で陰干しすると良いでしょう。 その後、セットし整えます。 カールのある物は、ロットやローラーを巻いておくとなお良いでしょう。

人毛やファイバー製のウィッグもしっかりとした保管やメンテナンスをすることで、その製品をライフいっぱいに使え、長い間お洒落を楽しむことができます。

臭いが気になりだしたり、カールが取れてきたりしたら、毛が固まらないうちにお買い上げ店または、専門のお店でご相談されることをお勧めします。 あまりにもひどい状態になってしまってからメンテナンスに出すと、どうしても毛の量が少なくなってしまったりします。

お気に入りのウィッグを末長くお使い頂くためには、毛のまとまりが気になりだした時点でメンテナンスをお考え頂くことをお勧めします。

自分でクリーニング

ウイッグに付いたほこりや汚れ等は、ヘアスタイルを崩す原因となり、ウィッグのライフを縮めます。 しばらくご使用にならない場合、シャンプーし清潔にしてから保管するようにしましょう。 カールを付けてから保管するようにすればスタイルも長持ちさせることができます。 ウィッグをご自分で洗われる際は、以下の手順を参考にしてください。

  1. ブラッシングし、ほこりなどの汚れを落とす
  2. ぬるま湯でネットの裏地を出し、シャンプーで優しく押し洗い
  3. 表面より、ブラシで毛が固まらない様にブラッシングしながら洗う
  4. よくすすいだ後、リンスまたは柔軟剤でブラッシングしながら洗い流す
  5. タオル等に水気を吸い取らせ、風通しの良い場所で陰干し
  6. 最後に スタイルを整える

人毛100%のウィッグは、ドライヤーやホットカーラーの使用が可能ですが、ファイバー製のウィッグは、ドライヤー等の熱に弱いので特に注意が必要です。 また、耐熱表示のある製品でも注意が必要です。

ウェーブのあるものや、ロングのスタイルも、毛がからまったりウエーブが取れたりし易いので、お買い上げ店や専門のお店にご相談されることをお勧めします。

高価なウィッグや、複数枚のウィッグのクリーニングにお困りの場合や、ご自分でのメンテナンスに自信のない方は、お気軽にご相談ください。 専門のスタッフがスチーマーや熱処理を施し、スタイルを整えてお返しいたします。

また、毛の長さや部分的な毛の量の調整等も合わせてお申し付け頂けます。 お気軽にご相談くださいませ。